種の処理

時期

地温が安定して20℃くらいになるころが最適です。地域により多少のずれはありますが、4月下旬から5月下旬、できれば5月の連休が明けて気温が安定したころにまくのがよいでしょう。(この頃の1~2週間の違いは、開花にあまり影響しません。)

  • ※寒冷地では遅霜の心配がなくなってからまくなどの注意が必要です。

時期

  • 種は1鉢に3~5個を、間隔を空けてまきます。
    (残った種は、学級園などにまいて、芽が出なかったときの予備用に使用してください。
  • 種をまき終わったら、こやし(1)を種からはなして土の上に置いてください。
  • ※こやしを与える時期は、双葉が出て根がしっかり伸びたころに1回目を与えるのが一般的ですが、教材に入れてあるこやしは緩行性で、根いたみのしないこやしを入れてあります。
  • 水は種が動かないように、じょうろなどで静かに与えてください。
  • 日当たりの良い場所を選んで育ててください。植木鉢を置く場所はコンクリートの上は避け、土の地面に置くようにしてください。

種の処理

このページのTOPへ

発芽と成長