種をまいた後、芽が出ません。

1.土に排水性、保水性、通気性がありますか?

土づくりのページを参照してください。

2.種のまき方は正しいですか?

種のまき方のページを参照してください。

3.種まきの時期が早すぎていませんか?

地温が20℃くらいになる頃が適切です。
種をまいた昼間が暖かくても、朝夜に冷え込んだり、寒い日が続くと発芽率が悪くなります。
お住まいの地域やその年の気温傾向によりますが、5月上旬~6月上旬頃が目安です。

種のまき方のページを参照してください。

4.種をまいた後、水やりの仕方は適切ですか?

雨の日や土が湿っているときは水を与えないでください。 土の表面が乾いたら、午前中に水をたっぷり与えてください。
うけざらA型を使用しているときでも平日、学校のあるときの水やりは、上から与えてください。

水やりのページを参照してください。

葉はよく茂っているのですが、つるが伸びず花芽がついてきました。

これは夏至以前でも肥料が少ないと栄養成長(つるや葉の成長)が止まり、生殖成長だけになり開花・結実する場合があります。このような場合は肥料を与えると、またつるが伸びだすこともあります。お試しください。

葉やつるはよく伸び立派に成長しましたが、なぜか花芽がつきません。

1.夜間照明が当たって短日にならない場合は、花芽がつきにくくなります。

夜間照明が当たらない場所に移してください。

2.窒素肥料が多すぎる場合も花芽がつきにくくなります。

この場合つるの先を止めてください。栄養成長から生殖成長に変わる刺激になり、花芽がつきやすくなります。

葉が黄色くなり、成長が止まってしまいました。

1.水を切らすと葉が黄色く変色し、落葉します。

気温が高い日や、朝顔の成長に伴って葉が多く茂ってきたときなどは、十分水を与えてください。
(あまりあさがおが弱っているようなら液体肥料を通常の3~4倍に薄めて、しばらく水のかわりに与えてみてください)

2.逆に土の水はけが悪い場合や水をやりすぎた場合も、根を傷めることがあります

「土づくり」「水やり」のページを参考にしてください。

3.温度が低すぎる場合も注意が必要です。

あさがおの成長には20℃以上の温度が必要です。とくに夜間10℃以下になるような寒い場所には置かず、暖かい場所に移してください。

ダイワにメールはこちら

Q&Aにない場合は当社のあさがお教材に関するものに限り、メールでの質問もお受けしています。
文章の説明のみでは状況がわかりにくいことが多いので、できるだけあさがおの写真の添付をお願いします。
あさがおの全体が写っている写真のほか、葉っぱに異常が見られる場合などは、異常が見られる場所を大きく撮影した写真があるとよりお力になれると思います。

 

このページのTOPへ